お金が何とかあれば働かなくてすむのか

仕事をするのはライフにつきだ。ライフをするには金を稼がなくてはなりません。通常眠い目をこすり、満席地下鉄に揺られながらプレゼント残業を通じてクタクタになって帰る、それを勇退を迎えるまで多くの人が行います。自分はそれが不快でビジネスマンを辞めましたが、ライフ働かなくとも十分な蓄えはないので、個人事業ひと通り今も働いています。

ライフのために働きながら時時おもうのが、かりにあれば働かずにすむのだろうかという事です。たとえばはじめ千万円あったってします。車も買えるし、少々のお菓子事も鮮やかができますが、業務を辞めて暮らしていくには十分な費用ではありません。現実問題としてビジネスマンの生涯利益が2億から3億と言われているですから最低1億円あれば十分ではないでしょうか。

こういう1億円という数量は一種のポストと言われており、覇者アスリートや実業家などは収入基盤の目標に掲げているようです。こちら国民からすれば収入ではなく一度に手にすることで贅沢な人生を望まなければこういう金でライフ暮すことはできるでしょう。しかし国民が1億円という大枚を手に入れるには相当の面倒が必要になります。くじで当てれば別ですが、比率的にはそうした大枚を手にすることは難しいと言わざるを得ません。

自分は本業の他に不動産ファンドやFXを通してあり、第三者よりも早く1億円貯めて業務をリタイヤしたいと考えていらっしゃる。スタンダードまでの進路は引き続き遠いですが、セミリタイヤできるその日に向けて頑張ります。ハイドロキノン配合のクリームでシミ消しにチャレンジ。その結果は?