者ドッグで指摘された糖尿病魔進展のための散策

 40値段から勤務先の手当てにおいて、ヒトドッグに時期1回赴き始めました。40値段当初は、各結果ともそれほどひどくはなかったのですが、50値段になり、結果が悪くなり、再検査や、医療のニュースが出てきました。最初はあまり考えにをしなかったのですが、2時期3時期となりますと、ドクターにも通知を受けるようになりましたので、糖尿病気の医療を受け始めました。
 最初はやっぱり、採り入れる地点、とくにカロリーにあたって注意するようになりました。ごはんの音量をモチベーション少なくするとか、それまで、好きだったスウィーツなどのクリーム系のデザート類に対して控えるようになりました。
 ただし、年齢と共に、結果は、直しませんでした。次いで、薬の取り入れを始めましたが、それと共に意識的にウォーキングをする期間を取り入れている。
 具体的には、それまでは、通勤先の庭園まで、クルマで乗り入れていたのですが、わざわざ、クルマを1キロメートル程のギャップのところに止めるようにして、往復あるくことにしました。就労が終えてから、歩くとなると、何だか、つきませんが、常々通勤する時間帯でウォーキングをする期間を取ったことにより、一年中5000歩~6000歩はあるくようになりました。
 アッという間に、結果の是正と言うことには、なりませんが、習慣病気なのですから、これ以上酷くならなければと思います。あら、健診の数値が高い!どうすればいいの?