スキンケアにはコットンを使う?使わない?

せっかくのコスメティックを無駄にしないためには、規則正しいスキンケア計画をわかることが大切です。

シャンプー後に取り扱うメーキャップ水をはじめ、乳液、クリームなど、とあるウェブでは、手の平にとって、外見全部に伸ばし手の平によって浸透させるのがスタンダードだと紹介されてある。

また、1回に取り扱う数量も、スキンケアがすすむによって微少になって行くところも大きな特徴です。

そこで、1つ気になるのは、この方法では、コットンを使わずにトータル「ゲンコツ」で行っておることです。

スキンケアにコットンを使うのは、当然みたいな予想が著しくありますが、ここには、賛否両論があります。

コットンを貰うための額面は別としておスキンへの反映だけを考えるとコットンを使うというメーキャップ水がつぶさに浸透しますが糸クズみたいなものが留まる可能性もあります。

一方、ゲンコツにダイレクト取ると衛生面での視点のほか、ゲンコツに浸透してしまうので惜しい予想もあります。

どちらの計画がいいのかは、スキンケア商品にもよりますが、自分でやりやすい計画が一番ではと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です